結婚祝のマナー 


結婚祝をする事になり、結婚祝のためのご祝儀袋も購入。
自分の名前を書こうと思った時、結婚祝のためのご祝儀袋への
正しい書き方については大丈夫ですか?

結婚祝のマナーとして、結婚祝のご祝儀袋の書き方は
必ず押さえておきたい大切な、結婚祝マナーです。

まずは基本的な結婚式での、結婚祝(ご祝儀袋)の
書き方を紹介します。

結婚祝マナーとして、基本は毛筆。筆か筆ペンで書きましょう。
結婚祝のご祝儀袋に表書き(名前)を書く場合は毛筆で書きます。
もちろん便利な筆ペンで書いても大丈夫ですよ。
しかし、手軽・便利ということで万年筆やボールペンで書くのは
結婚祝マナー違反です。

筆で書くことがどうしても苦手という人は、黒のサインペンで
書いても、結婚祝のマナー違反にはなりません。

文字の色は黒。結婚祝では濃い黒を。
筆の場合でも筆ペンの場合でも、色は黒で書きます。
特に結婚祝などのお祝い事では、濃い黒を用います。


結婚祝のご祝儀袋の書き方(個人名の場合)
もっとも多く使うであろう一般的な表書きは個人名でしょう。
名前は名字だけでなく、姓と名を書きます。

もちろん表書きに書く個人名は、結婚祝の贈り主である
「あなた」の名前を書くことをお間違いなく。

筆でも筆ペンでも表書きは上手でなくても結婚祝マナーとして
大丈夫です。ただし、心をこめて丁寧に書くようにしましょう。

どうしても苦手という場合は、デパートなどでご祝儀袋を購入した
場合表書きを変わりに書いてくれるサービスもあるようです。

結婚祝マナーに字の上手下手は関係ありませんが、
美しい字は、結婚祝を受け取る側にとってもうれしいものです。

結婚祝の祝儀袋など心を込めて筆書きしてくれます(筆耕無料)


結婚祝 コーヒーメーカー


結婚祝いには時計とか、トイレ用品セットとか
日頃使うものをよく送ります。

これらは、趣味があるので
結婚祝いを贈る本人を一緒に買いに行きます。
(値段なのが分かってしまうので本当に仲のいい友人だけですけど・・)

最近結婚した仕事仲間には、
結婚祝いに、何がいいかリクエストを聞いたところ、
コーヒーメーカーがいいとのことでした。

私も、コーヒーメーカーを結婚祝いにいただいて
今でもよく使ってるので、コーヒーメーカーは、
コーヒーが好きな方には、喜ばれる結婚祝いの贈り物だと思います。

すでに持っていないか、確認が必要だと思いますが…。

結婚祝いに贈ったコーヒーメーカーですが、
コーヒーをおとした後、ステンレスのポットで、保温するタイプのものです。

うちのはガラスポットで温め続けるものなので
すぐコーヒーを飲まないと煮詰まってしまうのですが、
ステンレスのものは煮詰まらず良さそうですョ!

結婚祝いの品物は3日後(大安)届く予定です。
気に入ってくれると思っています。


結婚祝いを贈る時期

結婚祝は、かつては、挙式前の吉日の午前中に自宅へ持参する
というようなものでした

しかし、現代では、自宅を訪問することが
かえって、先方に気を遣わせたり、負担を与えることにも・・・

距離も離れていることも少なくありません

そこで、結婚祝を持参すべきかどうかは、贈る相手との間柄や
などによって考える方が良いでしょう

結婚祝を持参するしきたりを重んじる相手であったり
訪問を喜んでくれる人なら、持参するとお祝いの気持ちも伝えやすいですね

結婚祝を贈る時に気をつけたいのが、贈る時期

最近では、結婚祝に品物をプレゼントするケースも増えています
品物でも、基本的には現金と同じように考えるとよいです

結婚祝は、結婚式の1週間前までに直接届けるのが正式ですが
その時期は、先方も、結婚式の準備などで忙しいものです

相手の時間や都合などを、確認してから伺いましょう

結婚祝をあまり早く贈ると、披露宴の招待を催促するようにも
とられるとも言いますので、気をつけましょう


結婚祝のプレゼント

結婚する二人へのお祝いは、二人の末永い幸せを願って
素敵な結婚祝を送りたいですね

結婚祝いに何を贈ったらいいか、悩む人も多いですよね

結婚祝を品物でする場合は、同じものがダブったりしないように
という点に注意が必要です

新生活には、必要なものがたくさんありますので
友人・友達など親しい間柄であるなら、本人たちに直接聞いてみましょう

リクエストされた品物が、高価な場合などは
友人と連名で送るなどするといいですね

親しい間柄であれば、本人の希望の品を聞いてそれを贈るのも
最近ではよく行われているので、問題ありません

そうでない場合は、新生活に必要な品で
最初にはなかなか、そこまでは手がまわらないと思われるものや
いくつあってもよいものにすると良いです

お祝いの品として人気があるのは、食器類や家電製品、インテリア雑貨など

結婚祝の品物は、奉書紙二枚で包み生もの以外は必ずのしをつけ
紅白か金銀の水引を結び切りにして、「寿」か「御祝」と表書きしましょう


結婚祝のご祝儀

結婚式に招待されたときに、頭を悩ませるのが
結婚祝のご祝儀の金額

金額よりも、二人をお祝いする気持ちが大切なのはもちろんですが
結婚式というお祝いの席だけに、マナー違反はしたくないですよね

最近の結婚式の結婚祝のご祝儀は、一般的には3万円が相場と言われていますが
相手との関係もいろいろですから「こんな場合はいくらなの?」
と迷うこともありますね

金額は奇数にこだわる必要はないと思います
実際に2万円はよく使われているようです

例えば、自分の部下の結婚式のご祝儀は、3万円か5万円
のどちらかが相場だと思います

結婚式に出席する人が、学生だったり、入社1〜2年目の新社会人の場合
3万円のご祝儀は難しいこともあると思います

そんな場合は、無理せずに2万円のご祝儀でも良いのではないのでしょうか
自分のできる範囲で、お祝いの気持ちを表すことが大事です

結婚祝の額は、先方との関係にふさわしい金額で
経済的にも無理のない範囲にすることも必要です

祝儀袋は、中の金額に見合ったものを選ぶようにしましょう
表書きは「寿」「御祝」「御結婚祝」など

文字は必ず筆か筆ペンで濃く書きます
薄い文字は弔事用とされているので気をつけてください



総合リンク集 Link Station
経営
インターネットサイト集 CRANE
SEO対策 KEN SEO 勉強会
SEO対策 KenNavi
お役立ちサイト集