結婚祝のマナーと相場

結婚をお祝いする時に、気をつけたいのが結婚祝のマナー

結婚祝のマナーがなっていないと、せっかくの新しい門出の二人を
祝う気持ちも台無しになってしまします

結婚祝を現金で贈る場合のマナーは、包むお金は新札が良いです
急な場合は、止むを得ませんが、なるべく祝い事は新札を贈りましょう

結婚祝の金包は結び切りの水引きで、結婚祝の金額は中包に明記します

金包は、ふくさに包んで持参するのがマナーです 

現金で贈る場合の相場は、一般的な目安は月収の5%程度
といわれる事が多いように思います

親しい人には、それり少し多めにと考えても良いと思います

結婚祝をする側が、20代独身の場合で

兄弟・姉妹⇒⇒50,000円
いとこ⇒⇒20,000円
友人・知人⇒⇒30,000円
会社の同僚⇒⇒20,000円

が、一般的な結婚祝の相場ではないでしょうか

結婚祝をする側が30代になると

いとこ・友人・知り合い・他の親族・会社の同僚とも
30,000円の場合が多いようです

30代になって、金銭的に余裕が出てくれば
30,000円ほどの結婚祝が相場ではないでしょうか

上記は、あくまでも独身の場合なので
夫婦となると、50,000円が相場になってくると思います

結婚祝の金額によって、ご祝儀袋を合わせるのも大切なマナーです



総合リンク集 Link Station
経営
インターネットサイト集 CRANE
SEO対策 KEN SEO 勉強会
SEO対策 KenNavi
お役立ちサイト集