結婚祝のマナー 


結婚祝をする事になり、結婚祝のためのご祝儀袋も購入。
自分の名前を書こうと思った時、結婚祝のためのご祝儀袋への
正しい書き方については大丈夫ですか?

結婚祝のマナーとして、結婚祝のご祝儀袋の書き方は
必ず押さえておきたい大切な、結婚祝マナーです。

まずは基本的な結婚式での、結婚祝(ご祝儀袋)の
書き方を紹介します。

結婚祝マナーとして、基本は毛筆。筆か筆ペンで書きましょう。
結婚祝のご祝儀袋に表書き(名前)を書く場合は毛筆で書きます。
もちろん便利な筆ペンで書いても大丈夫ですよ。
しかし、手軽・便利ということで万年筆やボールペンで書くのは
結婚祝マナー違反です。

筆で書くことがどうしても苦手という人は、黒のサインペンで
書いても、結婚祝のマナー違反にはなりません。

文字の色は黒。結婚祝では濃い黒を。
筆の場合でも筆ペンの場合でも、色は黒で書きます。
特に結婚祝などのお祝い事では、濃い黒を用います。


結婚祝のご祝儀袋の書き方(個人名の場合)
もっとも多く使うであろう一般的な表書きは個人名でしょう。
名前は名字だけでなく、姓と名を書きます。

もちろん表書きに書く個人名は、結婚祝の贈り主である
「あなた」の名前を書くことをお間違いなく。

筆でも筆ペンでも表書きは上手でなくても結婚祝マナーとして
大丈夫です。ただし、心をこめて丁寧に書くようにしましょう。

どうしても苦手という場合は、デパートなどでご祝儀袋を購入した
場合表書きを変わりに書いてくれるサービスもあるようです。

結婚祝マナーに字の上手下手は関係ありませんが、
美しい字は、結婚祝を受け取る側にとってもうれしいものです。

結婚祝の祝儀袋など心を込めて筆書きしてくれます(筆耕無料)


この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/5491777

この記事へのトラックバック
総合リンク集 Link Station
経営
インターネットサイト集 CRANE
SEO対策 KEN SEO 勉強会
SEO対策 KenNavi
お役立ちサイト集