結婚祝のマナーと相場カテゴリの記事一覧

結婚祝のマナー 


結婚祝をする事になり、結婚祝のためのご祝儀袋も購入。
自分の名前を書こうと思った時、結婚祝のためのご祝儀袋への
正しい書き方については大丈夫ですか?

結婚祝のマナーとして、結婚祝のご祝儀袋の書き方は
必ず押さえておきたい大切な、結婚祝マナーです。

まずは基本的な結婚式での、結婚祝(ご祝儀袋)の
書き方を紹介します。

結婚祝マナーとして、基本は毛筆。筆か筆ペンで書きましょう。
結婚祝のご祝儀袋に表書き(名前)を書く場合は毛筆で書きます。
もちろん便利な筆ペンで書いても大丈夫ですよ。
しかし、手軽・便利ということで万年筆やボールペンで書くのは
結婚祝マナー違反です。

筆で書くことがどうしても苦手という人は、黒のサインペンで
書いても、結婚祝のマナー違反にはなりません。

文字の色は黒。結婚祝では濃い黒を。
筆の場合でも筆ペンの場合でも、色は黒で書きます。
特に結婚祝などのお祝い事では、濃い黒を用います。


結婚祝のご祝儀袋の書き方(個人名の場合)
もっとも多く使うであろう一般的な表書きは個人名でしょう。
名前は名字だけでなく、姓と名を書きます。

もちろん表書きに書く個人名は、結婚祝の贈り主である
「あなた」の名前を書くことをお間違いなく。

筆でも筆ペンでも表書きは上手でなくても結婚祝マナーとして
大丈夫です。ただし、心をこめて丁寧に書くようにしましょう。

どうしても苦手という場合は、デパートなどでご祝儀袋を購入した
場合表書きを変わりに書いてくれるサービスもあるようです。

結婚祝マナーに字の上手下手は関係ありませんが、
美しい字は、結婚祝を受け取る側にとってもうれしいものです。

結婚祝の祝儀袋など心を込めて筆書きしてくれます(筆耕無料)


結婚祝のご祝儀

結婚式に招待されたときに、頭を悩ませるのが
結婚祝のご祝儀の金額

金額よりも、二人をお祝いする気持ちが大切なのはもちろんですが
結婚式というお祝いの席だけに、マナー違反はしたくないですよね

最近の結婚式の結婚祝のご祝儀は、一般的には3万円が相場と言われていますが
相手との関係もいろいろですから「こんな場合はいくらなの?」
と迷うこともありますね

金額は奇数にこだわる必要はないと思います
実際に2万円はよく使われているようです

例えば、自分の部下の結婚式のご祝儀は、3万円か5万円
のどちらかが相場だと思います

結婚式に出席する人が、学生だったり、入社1〜2年目の新社会人の場合
3万円のご祝儀は難しいこともあると思います

そんな場合は、無理せずに2万円のご祝儀でも良いのではないのでしょうか
自分のできる範囲で、お祝いの気持ちを表すことが大事です

結婚祝の額は、先方との関係にふさわしい金額で
経済的にも無理のない範囲にすることも必要です

祝儀袋は、中の金額に見合ったものを選ぶようにしましょう
表書きは「寿」「御祝」「御結婚祝」など

文字は必ず筆か筆ペンで濃く書きます
薄い文字は弔事用とされているので気をつけてください



結婚祝のマナーと相場

結婚をお祝いする時に、気をつけたいのが結婚祝のマナー

結婚祝のマナーがなっていないと、せっかくの新しい門出の二人を
祝う気持ちも台無しになってしまします

結婚祝を現金で贈る場合のマナーは、包むお金は新札が良いです
急な場合は、止むを得ませんが、なるべく祝い事は新札を贈りましょう

結婚祝の金包は結び切りの水引きで、結婚祝の金額は中包に明記します

金包は、ふくさに包んで持参するのがマナーです 

現金で贈る場合の相場は、一般的な目安は月収の5%程度
といわれる事が多いように思います

親しい人には、それり少し多めにと考えても良いと思います

結婚祝をする側が、20代独身の場合で

兄弟・姉妹⇒⇒50,000円
いとこ⇒⇒20,000円
友人・知人⇒⇒30,000円
会社の同僚⇒⇒20,000円

が、一般的な結婚祝の相場ではないでしょうか

結婚祝をする側が30代になると

いとこ・友人・知り合い・他の親族・会社の同僚とも
30,000円の場合が多いようです

30代になって、金銭的に余裕が出てくれば
30,000円ほどの結婚祝が相場ではないでしょうか

上記は、あくまでも独身の場合なので
夫婦となると、50,000円が相場になってくると思います

結婚祝の金額によって、ご祝儀袋を合わせるのも大切なマナーです



総合リンク集 Link Station
経営
インターネットサイト集 CRANE
SEO対策 KEN SEO 勉強会
SEO対策 KenNavi
お役立ちサイト集